産んですときの苦痛は忘れたけど、産む前にお腹をけられたときの苦痛は体が覚えています。

産んですときの苦痛は忘れちゃうから、何人でも産めるという話をよく聞きます。夫人になった近年、確かに「産んですときの苦痛」は忘れました。でも、逆に言うと産んですときの苦痛しか忘れていません。キッズを産む過程での苦痛というのは、産むときの苦痛だけではないんです。個人チックにトップ痛かったのは産む前におなかの中で暴れられたときの苦痛がおなかが撃ち破れるんじゃないかと想うくらいに痛かっただ。胎動が手っ取り早い方で、「妊娠してますよ」と言われたその1ヶ月にはもぞもぞと動いていたわがお子さんだ。1ヶ月数が経つにつれてどんどん動きが激しくなり、臨1ヶ月になると歩きの図形が知るくらいにバタバタと働くようになりました。それがもう痛くて痛くて、素早く生まれてくれないグッズかと切実に願いました。動画でエイリアンというのがあって、その中でエイリアンの卵を産み付けられた人間からエイリアンのキッズが現れる光景がありましたが、まさにそんな感じでした。これ以上おなかの皮は伸びないということまであたり形成に伸ばされたおなかが、さらに内側からゴリゴリと擦り付けられ、収まったと思ったら今度は突然膝蹴りが始まるんです。生まれてきたお子さんをあんまり素晴らしいと思えなかったのは、多分こういう痛みがあったからではないかと個人的には思っています。